緑内障で視力が無くなる前に必要な事|快適な生活を

メンズ

黒い点や線が見える方に

看護師

飛蚊症とは物を見るときに、黒い線や点が漂ったり、動いたり見える症状を言います。症状自体はは生まれつきの場合も多いため問題ないですが、その黒い点が増えた、そんな場合は網膜剥離の可能性があり、最悪の場合、失明にも繋がるため、そのような症状が出た場合はすぐに眼科で診察を受けましょう。

もっと読む

視界に映る小さな影の原因

男女

明るいものを見たときの視界に小さな影が見えて眼球の動きとともに移動する飛蚊症は、治療の必要がないケースが大半です。網膜剥離や網膜裂孔が原因の場合は治療を要しますが、眼科で検査を受けることでどちらのケースか判明します。網膜裂孔の治療に加え、生理的飛蚊症でも負担の軽いレーザー治療で症状軽減が可能です。

もっと読む

視力は生活に欠かせません

男性

適切な制御が大切です

医学的な研究が進展したお陰で、従来は治療できなかった疾患でも完治できる可能性が生まれています。一方で、依然として治療不可能な疾患は数多く、勢力的な研究が世界中で進められています。緑内障は、失明に繋がりやすい古くから知られている眼病です。しかし、現代医療でも、効果的な治療方法は開発されていません。したがって、緑内障に罹患した場合には、適切なコントロールを通じて進行の抑制を図る必要があります。視力の低下は、日常生活の質を損ないやすい症状です。そのため、異常を感じた際には早期に自覚して、生活習慣等の改善に努めることが大切です。特に、糖尿病等を併発していると緑内障の進行が早まることが分かっていますから、十分な注意が必要です。

自覚しにくい疾患です

罹患した際には、早期治療の大切さが広く知られています。迅速に治療を始めるためには、どのような症状でも自覚する必要があります。医学検査を利用しないで罹患を自主的に判断する代表的な方法は、身体的な痛みです。逆に言えば、痛みが伴わなければ症状の自覚は難しく、治療が遅れやすい傾向があります。発症時点は勿論、緑内障は一般的に進行中に痛みがありません。また、症状の悪化は非常に緩やかで、視覚的な異常に気付きにくい症状です。特に、片目の発症では正常な眼が視界を補完するので、自覚は一層困難です。したがって、自覚した段階で相当悪化していることが多く、失明する割合を上げています。しかし、眼科検査を受ければ、早期の異常発見は可能です。

気になる浮遊物の正体は

カウンセリング

飛蚊症とは目の前に浮遊物が現れる病気で、活性酸素や硝子体へのダメージが原因です。紫外線をカットするとか、硝子体のダメージに効く栄養素の摂取を心がけ、PCやスマートフォンを長時間使う時は、休憩を取りましょう。ただし目がかすむとか影が見える場合は、目の疾患の疑いがありますので、眼科を受診しましょう。

もっと読む