気になる浮遊物の正体は|緑内障で視力が無くなる前に必要な事|快適な生活を

緑内障で視力が無くなる前に必要な事|快適な生活を

ナース

気になる浮遊物の正体は

カウンセリング

原因は紫外線やストレス

目が疲れると、何か黒っぽい、あるいは白っぽい浮遊物が飛んでいるのが見える、明るい場所だと、それがよりはっきりするといったことを感じる方がいます。それは恐らく、飛蚊症(ひぶんしょう)と呼ばれる目の病気です。この飛蚊症には生理的なものと、目の疾患がもとで起こるものとの2通りがあり、生理的なものであれば、自分で改善することも可能です。目が映像をキャッチする時には、紫外線を浴びることは不可避です。この紫外線によって発生した活性酸素が、目の硝子体に影響を与え、飛蚊症となることがありますので、サングラスなどで紫外線を避けましょう。その他加齢や生活習慣の乱れ、ストレス、飲酒や喫煙なども飛蚊症の原因になります。特に加齢で起こる硝子体へのダメージは飛蚊症になりやすいので、ルテインなどを適量摂るようにしましょう。

目の病気で起こることも

また飛蚊症を防ぐには、よく言われることですが、PCやスマートフォンを長時間使わない、目を疲れさせないことです。PCなどを長時間使うような時は、合間に休憩を取るようにしましょう。目に疲労をため込んでしまうことで、目そのものの老化が進みますし、頭痛や肩こりなども起こるようになります。また点眼薬を利用するもいいでしょう。それから生理的なものとは別に、目の疾患がもとで起こる飛蚊症もあります。この場合は硝子体や網膜に異常がある場合がほとんどで、特に浮遊物の見え方に特徴があります。たとえば浮遊物が見える時に目がかすむとか、黒い影のようなものが見える、あるいは視力が低下するなどといった場合は、放置しておくと失明することもあります。浮遊物の見え方が何かおかしい時は、必ず眼科で検査を受けてください。