黒い点や線が見える方に|緑内障で視力が無くなる前に必要な事|快適な生活を

緑内障で視力が無くなる前に必要な事|快適な生活を

ナース

黒い点や線が見える方に

看護師

それは病気かもしれません

物を見ているときにふと、黒い糸のようなものや、小さな黒い点が漂ったり、動いて見える事はありませんか。視線を動かすと追いかけてくるような動きをするそんな場合もあります。このような現象がある症状を飛蚊症といいます。この症状が現れるのは年齢も様々で、20代から見える人もいますし、全く見えたことも無いという方もいます。そのような症状があること事態は、生まれつき見える方もいるものなので、全く問題はありません。飛蚊症で大事なことは、その原因が生理的なものか、病気によるものかです。黒い線や点の数や範囲が増えてきた暗い場所で突然、ピカッと光って見える視野の一部分が見えなくなっている気がする、そんな場合は生理的ではない飛蚊症の可能性が高いので、早期に眼科へ受診しましょう。

そのまま放っておくと

飛蚊症の症状が進行していると感じた場合は、生まれつきではなく、眼球の内側にある網膜という膜が剥がれている可能性があります。剥がれる理由として加齢や糖尿病網膜症などの病気、事故などによる頭部や眼球への物理的ショック等が原因となります。いずれも網膜の裂け目から始まりその裂け目が広がり剥がれるのです。その部分の視野が失われたり、場所によってはそのまま失明する場合があります。これを網膜剥離と言います。飛蚊症の黒い線や点が増えた場合は、網膜の裂け目や傷が、目で見えているという可能性を教えてくれるサインです。網膜剥離は早期発見、早期治療がとても大切です。症状が進行すると失明の恐れもあるので、早めに眼科へ行きましょう。