視界に映る小さな影の原因|緑内障で視力が無くなる前に必要な事|快適な生活を

緑内障で視力が無くなる前に必要な事|快適な生活を

ナース

視界に映る小さな影の原因

男女

専門医の診断に安心感

視界の中で実際には存在しないものが見えるといった異常が発生した場合は、誰でも目の病気を疑うものです。目立つような異常でなくても、例えば明るいものを見たときの視界に小さな影が映ってそれが眼球の動きに合わせて移動する例があります。まるで目の中にゴミでも入ったかのようなこの症状のことを飛蚊症と呼びますが、飛蚊症そのものは目の病気ではありません。飛蚊症にもいくつかのタイプが存在し、その大半は目の老化による硝子体の濁りを原因とした生理的飛蚊症のケースです。ゼリー状の硝子体は通常は透明ですが、紫外線の影響で活性酸素が発生すると繊維が分解されて濁りが生じることがあります。この濁りが網膜に映ると小さなゴミや虫のような影となって視界に入り、眼球の動きに合わせて移動するのです。こうした生理的飛蚊症は誰でも加齢とともに起こり得る自然な老化現象ですので、特に治療を要しません。ただし同じような現象は網膜剥離や網膜裂孔といった目の病気でも発生するので、その場合は治療が必要です。飛蚊症が見られるときは眼科を受診して目の検査を受けることにより、どちらのタイプなのかを専門医が診断してくれるので安心できます。

精密眼底検査で判定可能

視界に小さな影が映る症状の原因が生理的飛蚊症なのか、それとも網膜剥離や網膜裂孔なのかという点は精密眼底検査で判明します。網膜の周辺を詳細に調べることのできるこの精密眼底検査では、他にも白内障や緑内障といった目の病気を早期発見することにも役立ちます。幸いにそうした病気が見つからなかった場合は生理的飛蚊症と診断されますので、以後は経過観察として定期的に検査を受けるといいでしょう。生理的飛蚊症は紫外線の影響に加えてストレスも一因と考えられており、老化とともにストレスが作用して活性酸素の影響を受けやすくなっています。目の硝子体で活性酸素が発生しても通常は分解酵素の働きですぐに除去されますが、加齢やストレスで活性酸素分解酵素の働きも低下するのです。経過観察と診断された場合は、ストレスの軽減を心がけることも症状拡大の予防につながります。目を酷使する職業の人など、視界に映る影がどうしても気になって生活に不便を感じるようなら、レーザーによる治療に対応した眼科クリニックもあります。網膜裂孔の治療にも使われるレーザー手術は通常の手術と比べても負担が軽く、飛蚊症の症状を軽減させる効果が期待できるのです。